Top > FX > 1ドル=95円?100円が無難なところか

1ドル=95円?100円が無難なところか

 久しぶりに100円を割り込んだ米ドル円。

 そもそも円高に振れやすいと言われる5月は結局陽線に終わり、月足では8カ月連続。

 さすがにローソク足で陽線がいつまでも連続するわけはなく、いつ陰線となるかといえば・・・、今月ではないでしょうか?

 日本の株価は上下に激しく動くようになりましたが、トレンドが変わりつつあるようにも捉えられます。もちろん、いつまでも株価が下落するとは思いませんが、実体経済の上昇を確認できるまでは数か月間、株価は停滞するのではないかと思います。

 そして問題は外国為替市場の動き。

 105円は時間の問題か?と思った時もありましたが、流れに沿ってトレードしないとFXは勝てません。

 今現在の状況を分析すると、105円は難しいと思われます。というか、個人的には絶対ないでしょう。しばらくは。

 G7では、このまま円安が続くようなら為替介入を行う予定でいるようですし、円安は日本にも諸外国にとってもよくない。

 プラチナカードをぶら下げているような富裕層は、一時の株価の上昇で高級品を買いあさっていたようですが、ここ最近の日経平均の下落はダメージを与えているのかもしれません。

(※プラチナカードnavi プラチナカードの審査やメリットについてを参照)

 FXでは円高になっても利益をとれます。今は短期的に円高に振れるように見えます。100円超えからは円ロングでポジションを建て円高に振れたところで利益を確定。

 この繰り返しで、相当の利益が舞い込む可能性があると思っています。

 無難な為替水準は1ドル=95円?100円あたりでしょう。

 プラチナカード会員さんには悪いですが、クレジットカードはゴールドカードくらいで十分。

 不必要な高級品に余計な出費にかけずに、今はコツコツと利食いをすべきときではないかと感じるのは私だけでしょうか?

FX

関連エントリー
1ドル=95円?100円が無難なところか若干の調整に入るも底堅い米ドル円円高再燃かスマートフォンでFXをするならスワップポイントが高いFX会社は?スワップ金利の競争も激化?
カテゴリー
更新履歴
1ドル=95円?100円が無難なところか(2013年6月 4日)
若干の調整に入るも底堅い米ドル円(2013年5月21日)
円高再燃か(2013年5月 8日)
米ドル円は上昇しそう(2013年4月18日)
株価上昇で景気浮上(2013年4月 2日)